がん患者のライフスタイルとがんに役立つ情報を紹介

20代でがんになったらどうするの?

がんニュース

ストレスががんリスク高める? がんセンターが疫学調査発表

投稿日:

caio_triana / Pixabay

ストレスが高いと長期的に感じている男性はそうでない男性に比べがんにかかるリスクが2割高まるとの研究結果を19日、国立がん研究センター(東京)がまとめた。部位別では肝がん、前立腺がんでストレスの影響が強くみられた。喫煙や飲酒などがんのリスク要因となる生活習慣の影響が排除しきれないことから、センターは「今後、さらなる検討が必要だ」としている。

 研究は全国10カ所の保健所管内の40~69歳の男女約8万人を対象に、平成2年以降の研究参加時と5年後の2回、日ごろ感じているストレスについて答えてもらい、ストレスのレベルを「低」「中」「高」の3グループに分けた。さらに平均で13年間、健康状態を追跡し、長期的なストレスレベルの変化とがん罹患の関連を検討した。

 その結果、調査開始時と5年後のストレスがいずれも高かった男性のグループが、いずれも低かった男性のグループより1・19倍、がんになるリスクが高かった。ストレスが多い人は特に肝がん、前立腺がんが多かった。女性ではストレスとがんの関連はみられなかった。研究結果は、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

参考リンク:http://www.sankei.com/life/news/180120/lif1801200008-n1.html

ストレスはがんにとって敵なのか!?

ジョン
ストレスはない方がいいに決まってる!

ニュースのタイトルだけ見ると、男性はストレスでがんにかかりやすい!ってなってしまいそうですね。

自覚症状でのストレスのアンケートに答えていただいて、「高レベル」の方が「低」レベルの方の1.19倍リスクが高い

特に、肝がん、前立腺がん

私がこのニュースを見た感想としては、まぁ、そうなるかもって感じですね。

ストレスを感じることは、怒りを内に貯めてしまうので良くないですし、アルコールやタバコの量が多くなって生活習慣が変わる危険性もありますからね。

実際、私も病気になる少し前はストレスなのか、生活が乱れていたなーという時期が確かにありました。

あの時、あんなことしなければーなんて思うこともありましたが、結局それが原因かどうかなんて分かりません。

ましてやストレスを感じている時に「このままだったら、がんになるかも!?」なんて皆さん考えないですよね。

 

とにかく今は、自分の好きな人に囲まれて、好きな仕事ができて、以前よりかはストレスは感じなくなりました。

ストレスを感じにくい環境を作っていくことがいいのかもしれません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で29gankanjaをフォローしよう!

-がんニュース
-,

Copyright© 20代でがんになったらどうするの? , 2021 All Rights Reserved.