がん患者のライフスタイルとがんに役立つ情報を紹介

20代でがんになったらどうするの?

がんブログ

1日でカムバックホスピタル

更新日:

朝までベッドで悶え苦しみ、そのまま病院へ直行。

着いた時は7時くらいだったので担当のお医者さんはおらず、急患で見てもらう。

熱はいくらでも耐えられるけれど、さすがに痛みは無理。

CTやら見てもらって痛み止めをうってもらう。

こんなときにいう話ではないが、私はこの痛み止めが好きだ。

緊急時に使う痛みどめは、キツイものを使うことが多く体がフワーッとして気持ちいい。

血管を縮めるのだから、一種の麻薬のようなものだと思う。

急患が運ばれてくる場所にはいろいろな人が、やってくる。

42℃のインフルエンザの85才のおばあさんや、事故して顔を殴打してしまった人など姿は見えないけれど、無線のやり取りで聞こえてくる。

自分もそうだけれど、生と死は紙一重である。

一通りの応急処置を終えて、病室のベッドが空いたので、そちらへ移動。

ずーっと痛み止めをうっているとだんだんとマシになってきた。

結局、また戻ってきてしまったカムバックホスピタル。

もう少し、シャバ気分は味わいたかった。

今日は、しんどいのでここらへんで。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で29gankanjaをフォローしよう!

-がんブログ
-

Copyright© 20代でがんになったらどうするの? , 2021 All Rights Reserved.